千葉で労働災害(労災)補償の法律事務所 市川、船橋、津田沼、成田の弁護士

千葉労働災害相談市川 津田沼 成田 かしま 弁護士法人リーガルプラス

相談予約はこちらまで 市川0120-006-078 津田沼0120-272-273 成田0476-20-3031 かしま0299-85-3350

  • HOME
  • 事例
  • 弁護士紹介
  • 労災事故補償への思い
  • 弁護士費用
  • アクセス

安全配慮義務とは

労働災害について、会社側に債務不履行を理由として損害賠償の支払いを求めることができるのは、会社側に安全配慮義務違反があるといえる場合です。
 
安全配慮義務とは、最高裁の判例では、「労働者が労務提供のため設置する場所、設備もしくは器具等を使用し又は使用者の指示のもとに労務を提供する過程において、労働者の生命及び身体等を危険から保護するよう配慮すべき義務」とされています(川義事件・最三小判昭和59年4月10日)。
労働契約法においては、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をすべき義務とされています(労働契約法5条)。
 
安全配慮義務は、直接の労働契約関係がある場合に限らず、特別な社会的接触関係に入った当事者間で広く認められます。