千葉で労働災害(労災)補償の法律事務所 市川、船橋、津田沼、成田の弁護士

千葉労働災害相談市川 津田沼 成田 かしま 弁護士法人リーガルプラス

相談予約はこちらまで 市川0120-006-078 津田沼0120-272-273 成田0476-20-3031 かしま0299-85-3350

  • HOME
  • 事例
  • 弁護士紹介
  • 労災事故補償への思い
  • 弁護士費用
  • アクセス

労災事故発生から解決までの流れ


cont_img_04.jpg

1、労災事故発生直後の対応

すぐに治療することが最優先です。
また、事故発生時の状況について確認した上で、現場を写真撮影し、医師から傷病についての診断書を取得する等の証拠確保も必要となります。
交通事故の場合には、警察や保険会社へ連絡しておくことも必要です。
当事務所では、事故発生直後から、その後の手続や証拠の確保等についてのアドバイスが可能です。
 

2、労災保険給付の申請

労働災害が発生したときは、定められた要件に該当する場合には、労災保険の給付を受けられます。労災保険の給付を受けるためには、労働基準監督署への給付申請手続が必要です。
しかし、会社から手続の協力を得られないことや、労働基準監督署長から労災保険の給付要件に該当しない等の判断がなされることもあります。
 
当事務所では、会社に対して手続に協力するよう交渉することや、労災保険給付申請手続をサポートすることが可能です。
 

3、会社に対する損害賠償交渉・訴訟

会社側に不注意等があって、債務不履行責任や不法行為責任を負う場合には、労災保険給付で回復されない慰謝料等の損害については、被災労働者又は遺族は、会社に対して損害賠償請求できます。
請求する手段としては、交渉と訴訟が考えられます。
 

⑴交渉

交渉による解決の場合は、早期解決が可能なことが多く、裁判による場合と比較してそれほどには厳格に証拠を要せず、会社側との今後の関係性も含めた全面的な解決も可能です。訴訟による解決の場合の費用対効果等と比較し、交渉による解決か裁判に踏み切るかを決します。

⑵訴訟

会社との交渉が成立しない場合には、訴訟によって賠償を求めていくことになります。訴訟による解決の場合は、最後まで事実関係を争うことによって、納得できる解決を図れることもありますが、解決までに長時間を要し、必ずしも思い通りの判決を得られるとは限らないという側面もあります。
 
私どもでは、千葉県内の市川、津田沼、成田の3地域に法律事務所を構えています。
千葉県内の各地(市川市、船橋市、習志野市、八千代市、千葉市、佐倉市、成田市)で発生し、各地の会社に対して労災事故によるる損害賠償交渉・訴訟を随時お受けしています。